オイリー肌にとっての肌の全盛期はいつ!?

肌には男女差というのがあります。

皮膚の厚さや皮脂の多さ、きめの細かさ、柔らかさなど。違いを生み出しているのは
何かというと性ホルモンです。男性ホルモンと女性ホルモンのバランスなんですね。

男性ホルモンは皮脂腺を活性化して皮膚の分泌を促します。一方の女性ホルモンは
皮脂の分泌を抑制するという作用があるんです。男性が脂ぎっているのはホルモンの
仕業というわけ。

このホルモンの働きには男女差があるので、やはり加齢とともにその影響がでてきます。
男性は年齢を重ねても男性ホルモンの分泌量は安定しています。しかし、女性の場合、
30代後半から一気に減少してきます。

そのため肌の状態も30代後半から大きく変わります。閉経した後はいうまでもありません。
まったく別物になってしまいます。※参考 40代からの皮脂ケア相談室

若いころはどちらかというといかに皮脂を除去するかというスキンケアをすると
思うんですが、40代以降はいかに皮脂量を増やすか、維持するかが健康な肌を維持するために
不可欠になってきます。

逆をいけば、オイリー肌の人は40代以降、やっと皮脂量が適量になって肌の全盛期が
やってくるといってもいいかもしれません。

光輝く美白肌は心の状態が反映されます!

よく美白ってどれぐらい効果あるんですか?という質問があります。

で、これまたよくあるその問いに対する答えが「お尻」の色ぐらいというのがあるんです。
お尻は紫外線をほぼ浴びてないし、その人の本来の肌色というのがその根拠だと思います。

で、お尻を昨日みたんですが、まぁ汚いこと、汚いこと。

自分で自分のお尻をまじまじと見ることはないと思うんですが、見れば見たでまぁキモい。
肝心の肌色ですが、まったく持って白いとはいえない色をしてましたね。

なので、基本的に地黒という人は美白なんかそもそもしないほうがいいってことです。
寧ろ美白ケアによる肌ダメージのほうが深刻なんじゃないでしょう。

正しい美白ケアって?>>大人美白研究室

最近思うのは足るを知るということです。スキンケアしようがヘアケアをしようが限度が
あるってことです。アンチエイジングもそうですね。若返りっていっても限界がありますよ。

なので、いかにナチュラルでいるかが重要なのかなーと思います。恐怖や不安、心配ごとの
多い人生というのはそれが顔にでますから心の状態が顔に出るといってもいいわけですよね。

となるとそちらのケアを重視すべきだと思うんです。

妊活について

妊活ってつらいですよね。何をしてもなかなか授かることができず、治療も結構辛いと聞きます。
そんな妊活生活をおくるなかで必要なことは、心をリラックスさせることです。心をリラックスさせるには、妊活によいといわれているハーブティーを飲む時間をつくるとよいと思います。ハーブティーに含まれるハーブには、心をリラックスさせる効果があるものも多く含まれているため、妊活によいといわれています。
なかでもおすすめなのは、たんぽぽ茶やルイボスティーです。たんぽぽ茶は少し独特の味があるため、たんぽぽ茶が苦手という方にはルイボスティーがおすすめです。とてもさっぱりとした味でくせがないので、食事と一緒に飲んでもよいです。飲んでいる間少しでも心をリラックスさせて、充実した生活を送ることができればよいと思います。いろんな種類のハーブティーがあり、何を飲んでいいか悩むという方には、こちらを参照することがおすすめです。

最近始めました

最近ダイエットを始めました。
冬は寒くてなかなか運動する機会がなく、うっかり太ってしまいました。これではだめだと思い、ダイエットを最近始めました。
でも運動をしても、なかなかぽっこりお腹がすっきりしないんですよね。
それで悩んでいたら、友人からダイエット茶を勧められました。ダイエット茶って本当に効果があるのか半信半疑で、はじめ勧められても関心がありませんでした。
でも物は試しと思い、試してみたところ、なんだかお腹がすっきりしてきたような・・・普通の食事をしていても、食事の油の吸収もカットしてくれるみたいなので、食事制限をしなくてもダイエット効果を実感することができ、私のダイエットにはあっているみたいです。
ダイエット茶っていっても、いろんな種類があり、どれにしたらよいか悩んでしまうという方も多いと思います。そんな方はこちらを参考にするとよいみたいです。

OLさんの目元は疲れているし、乾いている。

何か知りませんが、頭が痛いです。

おそらく目から来てますね。パソコン作業が目に悪いというのはいろいろいわれている
と思うんですが、疲れ目やドライアイなど、本当に不都合がありすぎます。

OLさんを対象にしたアンケートによると目の疲れや乾燥、ドライアイの影響で
目元に負担を抱えている人が本当にたくさんいるんだそう。

かくいう私もコンタクトレンズはもう限界を感じたのでおよそ8年前からずっとメガネに
しています。瓶底メガネなので、鼻に負担がかかって大変なんですけどね。

まぁ、しかし、目にかかる負担は激減しましたよね。コンタクトレンズは失明のリスクが
あるぐらいですから本当に目に良くないと思います。

もしかすると目元の乾燥とか小じわにもコンタクトレンズは影響しているかもしれないですね。
乾燥すると目薬指したり、レンズとまぶたで摩擦が起こったりするじゃないですか。

それが目元を老けさせる原因になっている感じがしないでもありません。

目元の乾燥対策使える保湿クリームのおすすめは?←これからの時期に必須!

シートパックなどを利用して保湿している人も多いと思いますが、目元部分がくりぬいて
あって目元は保湿できないことも多いですから、目元は別に保湿したほうがいいですよ。

ニキビを繰り返しやすいのは女性!?

男性と女性で比べるとニキビは男性のほうが悪化しやすいといわれています。
理由は皮脂が多いからです。男性ホルモンが多いほど皮脂が多くなります。

しかし、繰り返しやすいのは女性かもしれません。

というのも生理周期というものがあり、その影響を受けて生理前には必ず肌の調子が
乱れるからです。また、メイクなどをするせいで毛穴に負担をかけていることが多いです。

肌環境の状態が悪いのは女性のほうであるケースが多いんですね。

よく大人ニキビは繰り返しやすいとかすぐに再発するといいますが、その理由は簡単で
ニキビは治ってもニキビができやすい肌環境が改善されていないからです。

詳しくは>>繰り返す大人ニキビ対策

毛穴詰まりができるとそこからいろいろなプロセスを経て炎症を起こすわけですが、
一番最初の毛穴詰まりができるというところが肌環境がよくない証拠なんです。

ストレスや睡眠不足、メイクや間違ったスキンケアで毛穴詰まりが発生します。逆に言えば
毛穴詰まりさえ作らせなければニキビになりません。普段からそれができていると再発もないってことです。

妊娠・出産を契機に汚肌になる人が増える

男性と女性を比べた場合、女性のほうが肌がキレイというのは幻想です。

ファンデーションとかコンシーラーでシミやそばかす、毛穴の凹凸を隠しているだけで、
ほとんどの女性はすっぴんになると汚肌をさらしてしまいます。

男性でも最近、汚肌を気にする人が増えているのでファンデーションなどを塗っている
人もいるようなんですが、まぁ隠せば隠すほど後になって大変です。

女性の美肌に大きな影響を与えるのは加齢はもちろんそうですが、妊娠と出産があります。
これは正直、第二次性徴ぐらいインパクトがあるので、肌状態も激変します。

ホルモンバランスが落ち着けばシミも肝斑も落ち着くはずですが、実際のところは
妊娠出産から転げ落ちるように老けていく、肌が汚くなる人がほとんどです。

生活習慣ではなく妊娠によるホルモンバランスの変化はさすがに対応するのが難しいですが
やれることはあります。(このサイトが詳しい⇒妊娠中のシミ美白はこれで決まり!

妊娠中、産後になって旦那さんの浮気が増えるのもキレイだった奥さんがどんどん
世帯じみておばさんになっていくからでしょうね。

100年の恋も冷めるファッション

私が男性がしていてかっこいいなと思うのは、シンプルで年相応のその人にあった格好のファッションです。特に「年相応」というのが大きなポイントです。いくらファッション自体がかっこよくても30代・40代の男性が10代・20代の人がするような服装をしていては「痛い」ような印象を与えてしまいます。
その代表と言えるのが、パンツの後ろポケットに長財布を入れて、そのお財布から繋がったチェーンをパンツのベルト通しにつけているファッションです。

中学生くらいなら、お財布の紛失も防げるし、ファッションとしても問題ないのかもしれません。
ところが大人がそれをやるととてもかっこ悪く見え、どんないイケメンでも100年の恋も冷めてしまうかもしれません。同様にポロシャツの襟を立てたり、過度に大きなブランドのロゴの入ったアイテムを使用するのも、まるで背伸びをしている子供のようで好きではありません。

20代後半以上の年齢の男性には、清潔感のあるシンプルなファッションをしてもらいたいです。
高価なブランドでもなくても構いません。しわのないシンプルなシャツやポロシャツにさらっとパンツを合わせているとかっこいいなと思います。靴も汚れなどがないものだと好ましいです。
大学生のメンズファッションおすすめ

引き算することで健康になる!

いつだったか引き算の健康法というタイトルで記事を読んだことがありました。

引き算の健康法というのは普段やっていることを止めたり、減らすことで健康になる
というもので、情報過多になってがんじがらめになっている現代人を救う健康法として
紹介されていたように思います。

例えば代表的な引き算の健康法というのが「断食」です。

これは現代人は食べ過ぎているということや消化吸収にエネルギーが使われていて
代謝に使われていないので消化吸収をやめることで代謝にエネルギーを回すというものです。

それからシャンプーだとか化粧品といった石油系界面活性剤を使っているものを止める
というのも引き算の健康法の1つだし、薬を飲まない、塗らないというのもそうです。

もともと皮膚には異物を排除する働きや新陳代謝で細胞を若返らせる力があるので
余計なものをつけたり、塗ったりする必要がないこと、自然治癒力に勝る薬はないと
いうのが話の根拠だったと思います。

髪や頭皮に悩みを抱える人の間ではけっこうシャンプーをやめるムーブメントがある
みたいですね。意外にニオイも気にならないとかでやってみるといいかもです。

面白い→脱・シャンプーの挑戦記録

健康のためや美容のためのいろいろやっていることがむしろ体や肌の本来の機能を損なって
いるからそれらをすべてやめればうまくいくというのが引き算の健康法なんです。

大活躍のトレンチコート

ベーシックなデザインのトレンチコートを愛用すること10年。そろそろくたびれてきましたが、探偵のようなこなれた風合いにますます愛着がわきます。ライナーの付け替えで3シーズン着ることができるので1年のほとんどのアウターをトレンチコートで過ごしていることになります。
クリーニング屋で撥水加工を頼んでいるので雨の日でも雪の日でもトレンチコートを愛用。襟の立て方、ボタンの留め方、ベルトの締め方で何通りもアレンジできるのがトレンチコートの魅力です。
そして、フォーマルでもカジュアルでも使え、パンツ、スカート問わず合わせられる使い勝手の良さはもはや神レベル。まだトレンチコートの魅力を体感したことがない方、マストバイですよ!!